--

January February March April May June July August September October November December
--(--) --:--

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Edit

08

January February March April May June July August September October November December
2006(Tue) 22:54

虫にまつわる話

TBテーマ

第92回TBテーマ「虫にまつわる話」

虫…。虫は苦手です。
と、いうか嫌いです。
カマキリやカブトムシ、クワガタとかは大丈夫ですが、
全体的にいうと嫌いですね…。

虫にまつわる話。
色々あります。
全て嫌な思い出ですが…。
小学3年、春。
転校した先の学校は、社宅(アパート)の真後ろ。
ですが、そこは小高い山(坂?)の上。
桜並木の下を通わなければいけませんでした。
花が咲いているときは綺麗でも、すぐ葉桜。
春に転校し、まだそんなに日もたっていない頃。
葉っぱもまだそんなにないし大丈夫だろうと油断していたら、
青虫が右肩に…。
隣の席の子に教えられて大ショックをうけました。
小学6年、夏。
体調が悪く体育を休んだですのが、見学ではなくその日は教室で待機。
同じく休んだ友達3人と話をしていたら、何やら首がむずむずする…。
髪の毛か何かかと思い、手でとると毛虫!
「ぎゃーーっ!!!」
授業中だというのも忘れて叫びました。
同時に毛虫を床に投げつけ…。
大嫌いだというのに触って(触られて)しまったことに腹が立ち、
教室を飛び出して手を洗いに行きましたよ、もう念入りに。
その後投げ捨てた毛虫がどこに行くか気になって気になって…。
体育の時間が終わっても授業所ではなかったですね。
同じく小6、夏。
近所の小さなスーパーのレジで会計をしていると、また首元がむずむず…。
また毛虫かと怯えながら手をやると、今度は蜂が…。
しかも死に掛け。
さすがに店では叫べず、何事もなかったようにその場に捨ててしまいました…。

あれ以来、木の下を歩くときは首元をカバーするようになりました。
なるべく早く危険地帯は通り抜けて服を払う!
でも危険は上からだけではないですよね…。
あれから○年、まだありますよ虫の恐怖体験。

数年前の夕方、サンダルを履いて買い物に行ったんですが、
市内で一番大きいスーパーの入口に大きな木があります。
さすがに人が出入りするのでちゃんと消毒してるだろうと思っていたんですが、甘かった。
親を待つために入口付近で待っていたら、何か右足人差し指付近がもそもそする…。
“ん…?”
巨大な芋虫、踏んでました…。
頭かお尻かわかりませんが、奴の1/3だけ踏んでたので驚いたんでしょうね。
じたばたじたばた、指の上に体を半分近くのせて呻いてましたよ…。
あの感触は今でも忘れられない…。
人目も気にせず叫んだのは(叫びながら走った)、人生2度目です。
それ以来、暫くサンダルが履けなくなりましたし…。
スポンサーサイト

Edit Comments(0) trackBack(0) |

Post a Comment

Private message

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 *SUNBEAM*, all rights reserved.
05 | 2017/06 | 07

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。